ブログの悩みを解決

【初心者向け】ブログのアクセスが伸びない!5つの理由と7つの具体的な解決策

【初心者向け】ブログのアクセスが伸びない!5つの理由と7つの具体的な解決策

ブログのアクセスが伸びない!という悩みは、ブロガーなら誰しも通る道。

どんなにブログの上級者でも、サイトを立ち上げた1日目から大爆発!なんてことはありえないもの。

 

ブログ運営の知識を身に付け、コツを掴むまでには・・・

  • ブログを毎日更新してるのにアクセスが伸びない。
  • どうしたらアクセスが伸びるのかわからない。
  • とにかくアクセスが伸び悩んでいて困っている。

というような、

ブロガーなら誰しもが一度は経験する思いを、同じように抱えていたと思います。

 

一生懸命時間をかけて書いたのに、全然読まれないなんて悲しいですよね(悲)

私も過去にはずっと伸び悩んでいて、1日1人〜2人なんていう寂しい時期が結構な期間ありました。

 

『ブログのアクセスが伸びない』という悩みを解決するために大事なことは、

ずばり『読者ニーズと価値提供』がキーワード。

 

『読者ニーズと価値提供』とはなんぞや?と思う方もいると思いますが、それについてはこれから以下で詳しく解説していきたいと思います。

 

  • なぜブログにアクセスがこないのか?
  • 今すぐ取り掛かれる具体的な解決策はないのか?

アクセスが増えずに悩んでいる方が知りたい情報を以下に詳しくまとめました。

 

本題に入っていく前に、記事の信頼性を担保します。

この記事を書いている私は、現在複数のブログを運営していて、これまでに月収50万円前後の収入生み出してくれるブログを構築。

さらにブログを資産化させ、現在自分ではほぼ1記事も書かずに、安定的な収入源として維持運営を行っています。

 

以下で解説する、アクセスが集まらない理由や解決策を知ることで、

今後、どんな風に記事を書いていけばいいかがわかるようになるかと思います。

アクセスが集められるブログの作り方が分かれば、あとはひたすら継続していくだけ。

どんなサイトを作ってもアクセスを集められる自分になることができるはずです。

 

ブログのアクセスが伸びない!解決策は『読者のニーズと価値提供』

ブログのアクセスが伸びない!解決策は『読者のニーズと価値提供』

ブログのアクセスが伸びないという悩みの解決策。

それは冒頭でも触れましたが『読者ニーズと価値提供』がキーポイント。

 

いきなり『読者ニーズと価値提供』といっても・・・

眠いモンスター
眠いモンスター
なんのことだよ・・・

と思う方もいますよね。

 

読者ニーズとは

読者ニーズとは、サイトにアクセスしてくる読者が、欲しがっているもののこと。

悩んでいることの答えだったり、思いを満たす商品だったり・・・それぞれです。

 

価値提供とは?

読者が求めているものに対して、価値を感じてもらえるものを差し出すということです

 

読者が欲しがっているものに対し、満足のいくものを提供できる記事を書いていければ、

アクセスが自然と増えていくサイトになれる』というわけです。

裏を返せば、アクセスが集まらないサイトとは、この読者ニーズと価値提供を満たせていないからということになりますね。

 

さら補足で説明すると、サイトにたくさんのアクセスを集めるために必要なこと

『検索エンジンの上位に表示されること』が必須。

 

この検索エンジンに上位表示されるためには、『読者のニーズを満たし価値を感じてもらえる記事』を書かなければなりません。

 

なので、

アクセスの集まるサイト=読者のニーズを満たし価値を感じてもらえるサイト

ということになるわけです。

 

ブログのアクセスが伸びないのには理由がある【5つの要因】

ブログのアクセスが伸びないのには理由がある【5つの要因】

ブログのアクセスを伸ばすには、上記の通り『読者のニーズを満たすサイトを構築していければいい』わけですが・・・

なぜ、そのようにできないのかというと、その背景にはいくつかの要因が考えられます。

 

大まかにあげると、以下の5つです。

  1. 自分の書きたいこと・書けそうなところを選んでいる
  2. 記事の質が足りない・低い
  3. 検索エンジンによるサイトの評価が低い
  4. 記事数が圧倒的に少ない
  5. 基礎的なSEOの知識を使い記事を書けていない

1つずつ補足説明していきます。

 

1:自分の書きたいこと・書けそうなところを選んでいる

読者のニーズが満たせない記事を作ってしまう最大の要因として、

『自分の書きたいことを書いているから』

『自分の書けそうなところだけを書いているから』

というのがあげられます。

 

ここで重要なのは、

自分の書きたいことは、読者の知りたいこととは限らないということ。

自分の書きたいこと≠読者の知りたいこと

 

自分の書きたいことと、ある程度の数の人が知りたいことが一致しているのなら万事OKなのですが、

その確率は低いと考えたほうがベター。

 

なので、自分の書きたいことばかりを書いてしまうと、

『読者のニーズ』からどんどんかけ離れていってしまうことに。

ここにアクセスの増えない(人が集まらない)原因があります。

もぐさん
もぐさん
自分の書けそうなところばかり選んでたよ・・・

 

2:記事の質が足りない・低い

アクセスが集まらない原因の2つ目は、『記事の質が足りない・低い』というもの。

読者のニーズとして、そのことを知りたい人はある一定数いるけれど、価値提供できる質が足りないという場合ですね。

価値提供できるほどの質がない記事は、検索エンジンの上位にも表示されにくくなります。

 

眠いモンスター
眠いモンスター
なぜ、質が低いと上位表示されないの?

なぜ記事の質が低いと上位表示されないのか?というと、

国内で主流となっている検索エンジン『Google』の目指すところを考えれば理解できるかなと思います。

 

Googleは、

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。

引用:Google検索の仕組み

と、語っています。

 

つまり、ユーザーのニーズを満たせない質の低い記事は、Googleの目指す検索エンジンの意図に一致しないため、検索結果の上位には表示しないということですね。

なので、記事の質はやっぱり大事です。

悪そうモンスター
悪そうモンスター
いい商品を作れってことだね

 

3:検索エンジンによるサイトの評価が低い

読者のニーズを汲み取った記事を、しっかりとした質で書いているのに、アクセスが集まらないということがあります。

それを聞くと・・・

眠いモンスター
眠いモンスター
それじゃ身も蓋もないじゃないか・・・

と、思う方もいると思いますが、何もめちゃくちゃな話ではありません(苦笑

どういうことかというと、それは『サイトの評価が低い』場合。

 

サイトの評価が低い内というのは、『検索結果の上位に入りずらい』傾向にあるのは確か。

なぜかというと・・・『検索エンジンからの信頼度が足りないから』です。

 

Googleさん
Googleさん
そうそう!このサイトはいい記事をたくさん作るんだよ!

普段から評価が高いサイトが、新しい記事を公開した時、

元々の信頼度が高いがため、新しい記事への評価も高くなるのは自然な流れ。

 

ちなみに『サイトの評価が低い』と一口に言っても、様々な状況があります。

1番多いのは、『ブログ立ち上げてまだそんなに期間が経っていない』といった場合

一般的に、サイトを作り始めて、その存在が評価されてくるのは『どんなに早くとも3ヶ月はかかる』と言われています。

 

なので、はじめて1ヶ月や2ヶ月で・・・

眠いモンスター
眠いモンスター
全然アクセスが来ないじゃないか・・・

と、思うのは早とちりだということですね。

 

  • 長年運営し評価される記事を量産して実績を積んでいるサイト
  • 立ち上げたばかりでまだ実態がよくわからないサイト

上記を比較した時に、どちらが信頼されるかは、想像してみればわかるかなと思います。

 

また、年数は経っているれど、サイトの評価が低いというサイトさんもあります。

この場合にも、いくつかの要因があげられますが・・・

  • アルゴリズムの変化などで評価が変わった(下がってしまった)
  • 評価される記事(ページ)が少ない

といった状況が考えられます。

 

サイトのアクセスが伸びないのは、『サイト自体の評価が低いから』というのも原因になっているということですね。

 

4:記事数が圧倒的に少ない

アクセスが伸びないサイトの要因には『記事数の少なさ』も関係しています。

 

記事をお客さんがサイトに入ってくる『入り口』と考えてみるとわかるのですが、

ドアが少ししかないサイトと、たくさんあるサイトとでは、お客さんが入ってこれる量に大きな差があります。

記事数があればあるほど、アクセスが増えるチャンスが広がるのは確か。

 

特にサイト立ち上げの頃は、長年運営しているブログと比べても、圧倒的に記事が少ないですよね。

その分、アクセス数に差が出ても、仕方がない話。

比較する必要は全くないですが、アクセスを増やしたかったらまずはやはり、記事更新が大切です。

もぐさん
もぐさん
美味しいお団子も、たくさんあったらさらに嬉しいな〜

 

5:基礎的なSEOの知識を使い記事を書けていない

アクセスを増やすためには『読者のニーズを満たす記事』を書かなければならないわけですが、そのためには『ブログに対する知識』もやはり必須。

特に、必要最低限のSEOの知識は欠かせません。

 

なぜなら、SEOの知識を使って記事を書かないと

『検索エンジンのクローラーに記事を狙い通りに認識してもらえない』ということが起こるからです。

 

SEOの基礎的なお話については、【ブログ初心者向け】SEOの基礎知識と忘れてはならない大事な考え方で、解説しています。

記事を書いても書いても、アクセスが伸びないとしたら、こういったところにも原因があるのかもしれません。

 

ブログの『アクセスが伸びない悩み』を解決する7つの具体策

ブログの『アクセスが伸びない悩み』を解決する7つの具体策

ブログのアクセスが伸びない要因はいくつかあるのが、見えてきたと思いますが、

その問題を解決するために実際に何をしたらいいのか?についても解説していきます。

 

対策1:読者のニーズを考える

アクセスが集まる記事にするために、大事なのは『読者のニーズを考える』ということ。

つまり、『読者は何が知りたいか?を知る必要がある』ということですね。

 

読者がどんなニーズを持っているかを知る一番の方法は、

『検索キーワードをよく観察してみること』

読者のニーズは実際の検索キーワードに現れているからです。

 

検索キーワードは、

  • Yahoo!虫眼鏡
  • Googleサジェスト

といった検索画面の検索窓や、ページの上下などに表示されています。

これは、実際に多くの人が検索したワード順に並んでいるため、その言葉に一定数の需要があるということもわかります。

 

この時、そのキーワードを調べようとする人は、いったい何が知りたいのか?を考えることが大事。

この『何が知りたいのか?』が、つまり『読者のニーズ』だからです。

 

なので、自分のサイトの記事を読むような読者さんは『どんなニーズを持っているのか?について、日頃から観察しておく』のもポイントと言えますね。

 

対策2:需要があるかチェックする

ブログに挑戦し始めの頃に、よくある失敗例としては、

『キーワードの組み合わせを自分で作ってしまうこと』

『ほとんど検索されない言葉を選んでしまうこと』

この2点。

 

自分で作ったキーワードの組み合わせが、実際に多くの人のニーズにたまたま一致していればいいですが、一致している確率はほんの少しだと思ったほうがいいです。

それぞれに感じること、思うことが違うからですね。

キーワードを博打のように『感覚』で選ぶよりも、すでに目の前にあるニーズに沿って選ぶほうが遥かに簡単です。

 

また、検索結果に表示されるような『Yahoo!虫眼鏡』だったり『Googleサジェスト』のキーワードに、どれくらいの検索需要があるのかを調べることもできます。

代表的なものでは、Google Adsのキーワードプランナーです。

これは検索画面に有料の広告を出す時に使われるツールとして提供されているのですが

そうでない場合も、誰でも利用することができます。

キーワードプランナー』以外では『aramakijake』も便利。

 

この検索ボリュームを調べるという作業は、ロングレンジでゆっくり狙いたいようなキーワードの記事化に向いていますが、

いますぐアクセスを集めたい!というような新規のキーワード・トレンド性の短いショートなキーワードの記事化には、データがない場合や必要ない場合もあります

自分の狙うキーワードは、どんな目的で狙うのかもしっかり考えてリサーチしていくとよいですね。

 

対策3:何をどんな順番で伝えればいいかを考える

読者ニーズと一緒に意識しておきたいのが『伝える順番』

何をどんな順番で伝えれば、読者の知りたいにすぐに答えられ、納得してもらえる記事になるかを考えながら記事を作ります。

 

よくあるのが、自分の話したい順番で書いてしまうこと。

これだと、読者が本当に知りたいことにすぐにたどり着けない記事に。

 

具体的には、『読者の知りたいことに対する答え』から書き始めるのがベストです。

欲しいものにすぐたどり着く=結論から伝える

ということですね。

 

対策4:新規キーワードも積極的に狙う

アクセスの伸び悩みを克服するには『新規キーワードも積極的に狙う』のも有効的。

すでにある既存のキーワードというのは、実は上位表示が難しいキーワードであることが多いです。

なぜかというと、多くのブロガーや大手企業サイトも狙っているワードでもあるからですね。

 

反対に、生まれたばかりの新規キーワードは、まだまだライバルが少なくブルーオーシャンなものもたくさん。

ライバルが少ない新規キーワードを積極的に狙っていくことは、読者を自身のサイトにより多く呼び込むことに繋がっていきます。

 

対策5:とにかく量をこなす

アクセスをサイトに集めていくためには、やはり量も大事。

 

少ない記事で1記事に大量にアクセスを集められるような高品質な記事をかければいいですが、

結局のところ、そういった記事が書けるようになるまでにも、ある程度の量をこなさないと身につかないわけです。

 

どんな記事の書き方をしたら上位に表示されやすいのか、どんな書き方をしたらなかなか上位に入れないのか、

それが肌感覚でわかるのは、やっぱり量をある程度こなしている人達。

質ももちろん大事だけど、まずは量。

これを忘れずにひたすら継続していく事は、やっぱり重要かなと思います。

tomo
tomo
習慣化できると強いですね

 

対策6:ブログの基本的な勉強を欠かさない

ブログ初期の頃に知っておいた方がいいことは、

『闇雲に記事を書いても正当な評価にはなかなかつながらない』ということ。

アクセスが集まる記事を作っていくためには、やはり基本的なSEOの勉強は必須。

 

どんな記事の書き方をすれば、検索エンジン側にもユーザーさんにも記事を認識してもらえるのか、SEOには必要な知識が詰まっています。

この時に、勉強ばかりになって手が止まってしまうのはもったいないので、実際に記事を更新し『手を動かしながら学んでいく』のが1番効率がいいかなと思います。

 

対策7:記事を書いたらその結果もよく確認

アクセスを増やしていくためには、記事を書いた後も重要。

公開した記事が今、検索結果のどの辺りにいるのかと言った順位チェックはもちろんのこと

狙ったキーワードでしっかりと流入できているかの確認も大切です。

自分の記事のデータを確認するには、Googleが無償でリリースしているGoogleアナリティクスが便利。

 

ただし、記事を書いた直後データを確認にしても、正確な情報はなかなか得られません。

一般的な目安としては、記事が検索エンジンに評価されてくる3ヶ月後頃がいいと言われていますが、

個人的には、1ヶ月後、2ヶ月後などある程度のスパンで変化を追っていけばいいかなと思っています。

 

読者のニーズを知るには?

読者のニーズを知るには?

『読者のニーズを知り、そのニーズに答えていく記事を作成していくこと』が大事なわけですが、

実際、どのように読者のニーズを知ればいいのか?という悩みも生まれてきますよね。

 

  • 世の中のみんなは今、何を知りたいと思っているのか?
  • どれくらいの人がそれを知りたいと思っているのか?

ということに着目するために、役に立つツールは以下の通りです。

  • Yahoo!の検索窓(虫眼鏡)
  • Googleのサジェスト
  • TwitterなどのSNS
  • Yahoo!知恵袋
  • ニュースサイトのコメント欄

これらはほんの一部ですが、みんなの気になること、知りたいがよく反映されています

 

検索結果に表示される虫眼鏡やサジェストワードなどは、実際に多数の人が検索した言葉であるため、表示されています。

すでに需要がある言葉というわけですね。

 

また、TwitterなどのSNSにも、今まさにみんなが気になっていることがリアルタイムで反映されています。

Yahoo!の知恵袋やニュースサイトにあるコメント欄なども、多くの人の気持ちや意見が反映された場所。

 

こういったツールを利用すると、みんなが知りたいと思っていることを探していくことができるので、

どんなネタで記事を書けばいいか迷った時こそ、ツールをどんどん活用してみるのがおすすめです。

 

アクセスの伸び悩み時期を乗り切るには?

アクセスの伸び悩み時期を乗り切るには?

また、ブログの立ち上げの頃だったり、サイトのドメインパワーが低い時期など、アクセスがどうしても少ない時というのは、どのブログにもあります。

一生懸命記事を更新しているけれど、どうにもこうにも成果につながらないこの時期が、1番しんどいですよね。

苦しくなってブログを辞めてしまう人が圧倒的に多いのも、この時期。

 

この成果が目に見えない時期を乗り越えていくためには、少し視点をずらすのが効果的。

具体的には、短期的視点から、少し中長期的な視点にずらすという事です。

 

書いた記事が評価されてくるのは、どんなに早くても3ヶ月位はかかると言われています。

なので、ブログを始めてから1〜2ヶ月で、いきなり爆発的にアクセスが集まり出すというのは、本当に稀なケースです。

 

まだ芽が出ないこの時期は、種まきをしている時期と考えるのがおすすめ。

スキルは一度身についてしまえば、一生ものです。

そんなお宝を身に付けているのだから、長い人生のうちたった数ヶ月、いや1年間を勉強にあててもいい位の気持ちでいると、気持ちが折れずに継続しやすいかなと思います。

 

アクセスが伸びないと悩むなら『読者の知りたい』に答えるサイト構築に切り替える

ブログのアクセスが伸びないと悩むのは、自分だけではありません。

むしろブログを経験したことがある方なら、ほぼ間違いなく誰しもが通る道なのではないでしょうか。

今たくさんのアクセスを集めている上級ブロガーさんも、始めたての頃はたくさんの苦労をしてきたはずです。

 

アクセスが集まらない時期だからこそ、できることもたくさんあります。

今は経験値をあげている時期、読まれるブログになるために、必要なことを学んでいる時期と考え、毎日を実験するような気持ちで継続していけば、

必ずアクセスが伸びてくる時期がやってくるはずです。

その日まで、できることを積み上げて、諦めず辞めずに継続していくのが何よりも大事なこと。

『読者のニーズを満たす記事とはどんな記事か?』を常に念頭に、試行錯誤していきましょう。

 

 

\収益化のコツを配信/


友だち追加▲お気軽に登録してください▲

error: Content is protected !!