ブログの悩みを解決

【初心者向け】ブログネタの探し方『書くことがない!』もう悩まない4つの視点

【初心者向け】ブログネタの探し方『書くことがない!』ともう悩まない4つの視点
眠いモンスター
眠いモンスター
  • ブログに書くネタがない・・・。
  • 何を書いたらいいかわからない・・・。
  • ブログのネタってどうやって探したらいいの?

特にブログを始めたての頃に多いのがこの悩み。

この問題の解決策となる視点は主に以下の4つ。

  • SEOキーワードから逆算
  • 自分が過去に悩んだ事・体験した事
  • ペルソナの悩み解決になる話
  • 多くの人の興味関心が強いもの

ネタを探す前にこの4つの視点を忘れなければ、ブログに書くことが尽きることは永遠にありません。

4つの視点を使って『具体的にどうやって記事化していくのか』についても以下で解説していきます。

 

tomo
tomo

私自身も・・・

毎日3記事以上の記事更新を8ヶ月以上継続。

その後もずっとネタに悩むことなく運営を続けることができています。

大事なのは、どんな視点からブログを書くか?をいつも考えること。

ではでは、具体的な解説に進みます。

 

ブログのネタは4つの視点から探し出す

ブログのネタは4つの視点から探し出す

ブログネタを探す時に、思い出したいのが以下の4つの視点。

  1. SEOキーワードから逆算
  2. 自分が過去に悩んだ事・体験した事
  3. ペルソナの悩み解決になる話
  4. 多くの人の興味関心が強いもの

 

ネタ探しの視点1:SEOキーワードから逆算

ブログを書いていく上で最も一般的で、効率的なのが、

『SEOキーワードから逆算して記事化する』

ということ。

 

SEOキーワードとは、

Yahoo!やGoogleで実際に検索されたことのある、需要のあるキーワードです。

以下はみんなが大好きな『スタバ』で検索した時のもの。

  • メニュー
  • 新作
  • フラペチーノ
  • タンブラー

などみんなの知りたいが並んでいます。

すでに検索されたことがあるということは、誰かが知りたい!と思っている言葉ということ。

読者はその答えが書いてある記事を求めて検索しているので、そこに向けて記事を書けば、誰かの役に立つコンテンツになるというわけですね。

もぐさん
もぐさん
すでに誰かが検索してる

 

ネタ探しの視点2:自分が過去に悩んだ事・体験した事

2つ目は、

『自分が過去に悩んだ事・体験した事を記事にする』

というもの。

 

すでに自分の中にあることなので、記事を書くときも比較的執筆が進むネタではないでしょうか。

子育て中のママなら人なら・・・

  • いつから離乳食を始めるの?
  • 自分の時間が全然取れない

とか、いろんな疑問や悩みを経験しているのではないでしょうか。

これを体験談記事として書いていけば、毎日の過ごし方全てがネタになることも。

眠いモンスター
眠いモンスター
悩み事たくさんあったなぁ〜

 

ネタ探しの視点3:ペルソナの悩み解決になる話

3つ目は、

『ペルソナの悩み解決になる話を記事にする』

ということ。

 

ペルソナとは、自分のブログを読んで欲しいターゲットとする人のことをいいます。

 

例えば今読んでいるこのブログのペルソナは、『ブログの収益化を目指したい人』です。

 

そのペルソナが何を悩み、どんなことを知りたがっているかを想像し、

ペルソナのニーズが満たされるような記事をネタとしてどんどん書いていけばいいわけですね。

悪そうモンスター
悪そうモンスター
おいらが解決してやるのだ!

 

ネタ探しの視点4:多くの人の興味関心が強いもの

4つ目は、

『多くの人の興味関心が強いものを記事にする』

ということ。

 

Twitterのトレンドになっていることや、その日のニュースで大きく話題になっていることなどをネタとして記事を書いていきます。

毎日何かしらは必ず話題になっていますから、ネタとしては尽きることがありません。

その日その日で大きなアクセスを集めたい人にもおすすめです。

tomo
tomo
大きなアクセスを集めれる!

 

ブログネタは『誰かの知りたい』を書く必要がある

ブログネタは『誰かの知りたい』を書く必要がある

誰かが検索したSEOキーワード、自分の過去の悩みや体験、ペルソナの悩み、民衆の興味関心。

これらに共通するのは『誰かが知りたいと思っている話題』だということ。

誰か求めている人がいない話題なのに記事を書いても、読まれる数はおそらくごくわずか・・・。

読まれるために記事を書いていくならば、この『知りたいと思っている話題』であることは必須条件。

 

その点でいうと、すでに需要のあるキーワードが並んでいる検索キーワードからネタを探していくのは、1番効率的とも言えそうですね。

 

探してきたブログネタを実際に記事化するフロー【4つの視点別】

探してきたブログネタを実際に記事化するフロー【4つの視点別】

上記の4つの視点から書こうと思う話題を決めたら、あとは実際に記事化していくだけ。

とはいえ、いざ書こうとするとどんな風に書いたらいいか迷ってしまって、手が止まってしまうこともありますよね。

上記であげた4つのパターン別に、記事化していくフローをまとめます。

 

1:SEOキーワードから記事化

SEOキーワードから記事ネタを探してくる場合の、記事化までの流れは以下の通り。

  1. ざっくりとテーマを決める
  2. メインとなるキーワードを検索してみる
  3. 表示される虫眼鏡やサジェストワードから深堀りするネタ・キーワードを決める
  4. そのキーワードで検索する人が「知りたいこと」は何かを考える
  5. 記事化

SEOキーワードを出発点としてネタ探しをはじめ、記事化していく時は、まずざっくりとテーマを決めます。

『ブログの始め方の記事』とかざっくりとテーマを決めたら、メインとなりそうなキーワードでまず検索。

その時に表示されたサジェストワードなどから、さらに深掘りして書いていくネタやキーワードを選定。

そのキーワードで検索する人は「何が知りたいか」をしっかりと考えてから記事化と言う流れです。

もぐさん
もぐさん
鉄板なネタ探し方法!

 

2:自分の悩みや体験から記事化

自分の悩んでいたことや体験を元に、記事を作成していく時の作り方例としては、以下の通りです。

  1. 過去に自分が悩んだこと・体験したことを書き出す
  2. 実際にその悩みをで検索してみる
  3. 悩みに沿ったキーワードはどんなものがあるか・検索ボリュームなどをリサーチ
  4. そのキーワードを検索する人の知りたいことは何かを考える
  5. 自分の体験も織り交ぜながら記事化

過去に悩んだことや、体験したことをリストアップしてみる。

自分の悩みや体験に関連するキーワードで実際に検索をしてみる。

それに付随して出てくるサジェストワードなどをリサーチ。

サジェストワードなどに出ていないキーワードの場合は、検索ボリュームを調べることで需要の有無を確認できます。

その後は、上記のSEOキーワードの時と同じように、「何が知りたいか」を考え記事化という流れです。

悪そうモンスター
悪そうモンスター
悩みの数以上に答えはある!

 

3:ペルソナの悩みから記事化

ペルソナの悩みをネタに記事を書いていく時の主な流れは、以下の通りです。

  1. ペルソナが悩んでいそうなことを書き出す
  2. ペルソナの悩みに沿ったキーワードにはどんなものがあるかリサーチ
  3. 記事化できそうなキーワードを選出
  4. キーワードを元に悩みの解決策を記事化していく

ペルソナの悩みから記事を作っていく時も、自分の悩みや体験の記事化を似たような流れです。

ここでポイントなのは、ペルソナが実際に検索しそうなキーワードは何か?をよく考えること。

 

また、似たような悩みを持っている人の言葉から、キーワードを探ってみてもいいですね。

人の悩みがよく反映されているサイトとしては『Yahoo!知恵袋』などの質問サイトなどがあります。

あとはTwitterで検索してみるのも、リアルな声が聞けるのでおすすめです。

眠いモンスター
眠いモンスター
一緒に解決してあげよう〜

 

4:多くの人の興味関心から記事化

多くの人の興味関心をネタに記事化するときの主な流れは、以下の通りです。

  1. 今話題になっていることをリサーチ
  2. その話題についてみんなが知りたいことは何かを考える
  3. SEOキーワードがあるものについてはそれを活用
  4. ないものについては類似で検索された事例からキーワードを想定
  5. 知りたいことに答えるように記事化

多くの人が今興味関心を寄せているものについて記事化していく方法もありです。

すでに興味のある人がいるとわかっているので、記事化したら読んでもらえる可能性も高いのが魅力。

この時に記事化していくポイントとしては、その話題に興味がある人が、次に知りたいことは何か?を考えること

キーワードを選ぶ時も、SEOキーワードだけでなく、リアルな声から拾ってくることもできるので、ネタは尽きません。

 

どんな視点から記事のネタを探しても、最後に大事なのは『検索者が何を知りたいか』を考えることかなと思います。

tomo
tomo
読者ニーズが大事

 

ブログのネタ探しは『誰かの疑問や悩みの解決』を意識すると見つかりやすい

いざ書こうとすると、何を書けばいいのか・・・と手が止まってしまうのはブロガーなら誰でもあること。

その時に、自分なりのパターンでもいいので、ネタの探し方を持っていると迷っている時間が少なくなります。

Googleの検索エンジンは、大きなQ&Aサイト。

誰かの知りたいに答える記事を作るという感覚でいれば、書くネタがどんどん見つかるようになるはず。

 

 

\収益化のコツを配信/


友だち追加▲お気軽に登録してください▲

error: Content is protected !!